そもそもクレジットカードってどういうもの?

そもそもクレジットカードってどういうもの?

はじめまして。よっしーと申します。

昔からポイントとか割引とかそういったものに目がなく、気がついたらクレジットカードにかなり詳しくなっていました。クレジットカードはあまりに種類が多すぎるので、本当に自分に合ったものを見つけるには、地道に知識をつけていくしかないと思います。

このブログはクレジットカードの情報について備忘録的に書いていこうと思いますが、クレジットカードをこれから申し込もうとしている人の参考になればとも思っています。

まず、基本的なことを書いておきましょう。クレジットカードの仕組みはどういうものなのか、説明できる人はどのくらいいるのでしょうか。

クレジットカードを端的に説明すると、「信用情報を使って後払いで商品やサービスを購入することができるカード」となります。現金不要で支払いができますし、通販なども便利に利用できますので、購入者側としては利便性というメリットがあります。販売者側としては、同じ客への請求をまとめられる利便性のメリットと、「カードが使える」という集客効果が期待できます。そしてカード会社は販売店から手数料を徴収できるので、三方にメリットがある決済手段なのです。

利用者が「後から支払いをする能力がある」ことを証明するために、入会時の審査が必要ということですね。

また、カード会社は会員を獲得するために、ポイントや割引価格、保険付帯など様々な強みを用意しています。ここがカード利用者にとって各カードの差別化になるところで、例えばANAカードを使ってマイルを貯めたり、ENEOSカードを使ってガソリン代の割引を手に入れたりと、人によっては大きなメリットになる特徴を持っているカードがあります。

基本的な年会費などのスペックに加えて、こうした付加価値を比較して選んでいくというのがクレジットカードの基本的な選び方になります。